要素マップ(概念データモデル)について

システム開発前・受注前に、"要素マップ"という資料を作成しています。 私たちは、お客様とシステム開発者(設計メンバー・開発メンバー・サポートメンバー)をつなぐために、とても重要な資料と位置づけています。


Pic 01

一般的な概念データモデルを使いやすくした資料で、エンティティ(要素)とカーディナリティ(0, 1, N)に特化させた資料です。 私たちはこれを”要素マップ”と呼んでいます。 記載方法は変わりますが、要素を利用した業務フローでもあります。 属性やキー情報などの整理も当然必要です。ただ、初期の段階では、業務自体が不明瞭なので精度はあがりません。 初期段階では、メモ程度の記載でとどめ、要素とその関係性に整理に注力します。 この資料は、システム開発が始まり、打ち合わせ後、都度、メンテンナンスする資料です。 物理設計(ER図 / テーブル仕様書)において、ポイントとなる資料になります。


要素マップサンプル

簡単なテーマで、要素マップを記載してみます。(ご存じの話題ばかりです。) ※すでに類似するパッケージや既存のシステムがあるので、この種類の依頼は、実際にはあまりないと思います。

お客様からの依頼:

うちの会社の社員が、どんな組織を担当したか?把握できるような仕組みを作ってほしい

1/4 提案前の考察(大雑把な関係性) 2/4 提案前の考察(0 の関係性の考察) 3/4 提案前の考察(全体) 4/4 提案前の考察(全体のまとめ)


ご依頼内容の確認

業務フローとセットでヒアリングいたします。 お客様が、この整理・確認の質問を即答してくださると、”やりたい事”のターゲットは、整理できてそうです。 提案時点で、この粒度と考察が整理できてないと、的外れなシステムになりそうです。