1/4 提案前の考察(大雑把な関係性)

まずは、最初の取っ掛かりです。 ご依頼いただいたシステムの要素の洗い出しとその関係性を大雑把に把握します。


Pic 01

多分、社員は、兼務があるんだろうな。 さすがに、組織ひとつだけに所属する社員のみで構成している会社はないかな? 組織に関しては、特命事項や期間限定のプロジェクトなどいわゆる部署以外にもいろいろ運用も想像するな。

社員は、複数の組織に所属する。 組織は、複数の社員を持つ。

そうなると、社員と組織は、M:N にしかならない。 0 の関係は後で考察するとして、社員と組織は以下の関係性だな。 関係性の 0, 1, Nの表記は、みなさんお馴染みと思います。


M : N の関係性は、データベースで扱いが難しいので、1 : N に分解が必要。 M : N の関係性は、その間に要素をおいて、1 : N で表現すると、M : N は解消できるんだったな。

ところで、社員ー組織リンク? この実体は、何だ?

社員と組織を紐付ける業務・作業とは?


なるほど、そうだ! 採用通知、辞令、特命指示、人事発令など企業独自の運用だ。 ここは、何かの要素があるべきだな。 お客様の運用をヒアリングする箇所で、実際にの社内ルールを聞きこう。 ヒアリングで正しい呼称を定めるとして、一旦、ここでは”辞令”としておこう。