テーマごとのファイル共有システム

インターネットを利用して、テーマを担当する社外の企業ユーザと社内ユーザがファイルを共有する。 業務に特化した報告書等を作成・出力する。


Pic 01

テーマごとに企業間でファイルを共有するシステム

テーマ、自社のユーザは、日次のバッチ処理によりシステム間連携を行い、当システムへ連携しています。 法人番号を利用した企業管理とユーザ管理を実施しており、社名変更や統廃合、登記住所の変更は、法人番号を利用し、国税サイトにて確認しています。

一般ユーザは、特定の権限を与えた社外ユーザと社内ユーザが登録・メンテナンスを行います。 一般ユーザは、アクティベーションのメールにより、アクティブとなり、二段階認証によりログイン可能になります。

システム管理者がテーマ単位の担当企業を割当てます。 その際に、あらかじめ定義した分類から割当てた企業に対して役割を選択しています。 Pic 01 あらかじめ定義する内容を整理するために、特化した表現が必要でした。 すべてを網羅した定義でなければ、意味がありません。 ここは、ケーススタディと想像力を駆使し、調整しました。

この役割を利用して、各企業に所属するユーザが、どこまでファイルの可視できるか?操作できるか?制限を実施しています。 長期間のスパンで考えると、担当企業は、複数のテーマを違う役割で担当する可能性があります。 そのため、ファイルへのアクセス権は、ユーザ個別ではなく、テーマに対する担当企業の役割を利用して制御しています。

PDFのファイルには、スタンプを付与するものもあります。なお、スタンプの指定を指定した全ページへのスタンプ付与や Pic 01 単体でのスタンプ付与が可能です。 スタンプ付与により、改ざんの確認やオフラインでのPDFの加工の確認が可能です。

業務に特化した報告書は、文字情報以外に、画像やグラフを利用し、テーマ単位に月ごと作成する報告書もあります。 システム化には、業務フロー、要素マップを入念に作成し、開発を進めています。

Pic 01 テーマ単位で集約したファイル、データは、別途集約し、テーマをまたがった検索サイトで、検索可能としています。同時に、当システムから別システムへ実績データを連携しています。 比較的大規模なサイトです。


技術 SSL、web、データベース、システム間連携


範囲 企画、設計、開発、保守