業務フローについて

システム開発前・受注前に作成する業務フローです。


Pic 01

お客様と同じ目線で、私たちのシステム理解があっているか? 共通認識を作るための材料です。 箱がならんだレベルの直観的にわかりやすく図示した資料です。

目的の明確化: どの業務プロセスを改善またはサポートするかを明確にし、その目的をシンプルな言葉で記述します。 例えば、「注文処理の時間短縮」や「顧客情報の一元管理」など。

主要な業務ステップの識別: 業務プロセスをいくつかの主要なステップに分け、それぞれのステップを箱で表現します。 ステップ間の流れを矢印で示し、どのようにして次のステップに進むかを説明します。 粒度は大きく、サブシステム単位かもしれません。 細かい点は設計工程で整理すればよいため、タイムリーに要点をまとめるために、粒度を比較的大きく作成します。 システム単体で完結する範囲、バッチ処理、帳票、システム間連携など整理を進めます。

用語の統一とシンプル化: 使用する用語を一般的なものに統一し、専門用語はできるだけ避け、必要な場合はわかりやすく説明を加えます。 また、お客様に特化した馴染みのある呼称がある場合は、その呼称を利用し、反映させています。 同じ対象でも、部署間で呼称が違う場合もあって、取り違えないよう注意しています。

インタラクションの強調: インタラクションが発生するポイントを強調し、それがシステムにどのように影響を与えるかを示します。 例えば、顧客からのフィードバックが次のステップのトリガーとなる場合、それを明確に示します。


業務フローは、私たちのシステムの理解を測るために、文章化、図示しています。 また、お客様のなかでの暗黙知、隠れている業務があるかないか?を表面化させるためでもあります。

暗黙知の表面化: システム開発においては、お客様の暗黙知や隠れた業務を明らかにすることが非常に重要です。 これらのお客様にとっての”当たり前”は、開発の中盤以降に問題として表面化することが多く、場合によってはプロジェクトに大きな影響を与えることがあります。 提案段階でこれらの情報を引き出すために、様々な角度から工夫して質問しています。

この粒度の大きな業務フローは、後段の設計工程で、ステートチャート(必要に応じて)を書くときに、大きな材料になります。 また、開発途中で参加したメンバーにとっては、システム全体の概要や担当する機能・サブシステムの位置づけを理解するための一助になります。